« [VC2008MFC] テキストボックスの利用 | トップページ | jQueryでコード表示 »

2011年10月31日 (月)

[VC2008MFC] クラスビュー

クラスビューの使い方。

MFCのダイアログベースアプリで、よく利用するクラスは、「C プロジェクト名 Dlg」クラス。
たとえば、「HelloMfc」プロジェクトを作成したときには、「CHelloMfcDlg」クラスとなる。

このとき、クラス定義などのヘッダファイルは、「HelloMfcDlg.h」で、実装用のファイルは「HelloMfcDlg.cpp」となる。

で、クラス内のメンバを一覧するのが、「クラスビュー」ウィンドウ。
上下2ペイン構成で、上がクラスの選択。下がクラスのメンバ。

Classview01

メンバの一覧では、メソッドをダブルクリックすれば、.cppのメソッド定義部分が開き、
変数をダブルクリックすれば、.hの変数宣言部分が開く。

Classview02 Classview03

Classview04 Classview05

« [VC2008MFC] テキストボックスの利用 | トップページ | jQueryでコード表示 »

プログラム・スクリプト」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ