« [VC2008] コモンダイアログ - ファイルを開く、名前を付けて保存 | トップページ | [VC2008] 起動時にテキストボックスにフォーカスを当てる »

2011年7月21日 (木)

端末の行数と列数をシェルに教える

端末画面で、lessコマンドで何かを表示したとき画面の途中で表示が切れたり、[Ctrl]+[L]で画面をクリアすると変な位置でカーソルが表示されたりすることがある。

TeraTermで、組込みLinuxにシリアルでつないだときとか。

解決策は、端末の行数と列数をシェルに教えてやればいい。

$ export COLUMNS=行数
$ export LINES=列数

が、もっと便利な方法が、@ITの記事に書いてあった。

resizeコマンドは、現在の端末から行数と列数を求め、
上記2つのコマンドラインが実行できるような出力をしてくれる。
たとえば、次のように。

$ resize
COLUMNS=120;LINES=50;export COLUMNS LINES;

なので、これをevalコマンドで実行してやればよい。

$ eval `resize`

ちなみに、resizeを囲んでいるクォートは、バッククォート([Shift]+[@])。

外部リンク:

« [VC2008] コモンダイアログ - ファイルを開く、名前を付けて保存 | トップページ | [VC2008] 起動時にテキストボックスにフォーカスを当てる »

Linux」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ