« VMware PlayerのゲストOSからホストOSへのネットワーク接続が遅い | トップページ | PHPでタイムゾーンの設定 »

2010年3月18日 (木)

ツライチUSB2.0使ってみた

先日注文した「ツライチUSB2.0」と「ツライチeSATA」が届いた。
とりあえず「ツライチUSB2.0」を使ってみた。

実際装着してみると、名前の通り、ツライチだ。

Tsuraichiusb

2段あるUSBポートの上段がツライチUSB2.0で、
下段がPCに最初からあるUSBポート。

これで、不足することもあったUSBポートが1つ増えたぁ、と
早速、外付けUSBハードディスクを接続してみたら、
差し込み(?)が固い。

固すぎてツライチUSB自体がイジェクトされてしまう。
これは、ちょっと使いにくい。

対策としては、ツライチUSBを外した状態で、
まず、USBケーブルを挿しておき、
ケーブルの繋がったツライチUSBをPC本体に挿す。

まぁ、安かったからしかたないか。

ちなみに、内蔵USBポートとツライチUSBポートで
USB HDDのベンチマークをとってみた。

Tsuraichiinternal 内蔵USBポート

Tsuraichiexternal ツライチUSBポート

この結果からは、違いは全く見られない。

関連記事:
気になる商品 - ExpressCard→eSATA/USB (2010-03-15)

« VMware PlayerのゲストOSからホストOSへのネットワーク接続が遅い | トップページ | PHPでタイムゾーンの設定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ