« セカイカメラはiPhone OS 3.1以上 | トップページ | iTunesStoreやAppStoreで購入した曲やアプリのバックアップ »

2009年9月25日 (金)

CentOSで915resolution

ちょっと古いPCにワイドスクリーンを接続した。
解像度は「1680x1050」。

そうしたら、CentOS 5.2でワイド表示できなかった。
Windows XPでは、正しく表示できているのに。

調べてみると、インテルのグラフィックチップ(今回利用のPCは865Gだった)の場合、
BIOSから取得する解像度の情報に1680x1050が含まれていないため
CentOSでは、その解像度で表示できないらしい。

実際には、865Gは1680x1050で表示できるのに。。。
だって、Windowsはこの辺を上手く処理しているのか、表示できている。

で、「915resolution」というツールの登場。
このツールは、BIOSから取得する解像度情報を修正してしまうツール。
BIOSを書き換えるのではなく、OSとBIOSの間に入って、修正した情報をOSに渡すらしい。

CentOS用の915resolutionは、DAGからrpmが取得できる。
すでにリポジトリ登録してあるなら、

yum install 915resolution

でいけるはず。

リポジトリ登録してないなら、「915resolution RPM packages for Red Hat, CentOS and Fedora」から
RPMファイルをダウンロードしてインストールでもよい。

インストールできたら実行。まずは一覧表示。

# 915resolution -l

Intel 800/900 Series VBIOS Hack : version 0.5.2

Chipset: 865G
BIOS: TYPE 2
Mode Table Offset: $C0000 + $3a7
Mode Table Entries: 18

Mode 30 : 640x480, 8 bits/pixel
Mode 32 : 800x600, 8 bits/pixel
Mode 34 : 1024x768, 8 bits/pixel
Mode 38 : 1280x1024, 8 bits/pixel
Mode 3a : 1600x1200, 8 bits/pixel
Mode 3c : 1920x1440, 8 bits/pixel
Mode 41 : 640x480, 16 bits/pixel
Mode 43 : 800x600, 16 bits/pixel
Mode 45 : 1024x768, 16 bits/pixel
Mode 49 : 1280x1024, 16 bits/pixel
Mode 4b : 1600x1200, 16 bits/pixel
Mode 4d : 1920x1440, 16 bits/pixel
Mode 50 : 640x480, 32 bits/pixel
Mode 52 : 800x600, 32 bits/pixel
Mode 54 : 1024x768, 32 bits/pixel
Mode 58 : 1280x1024, 32 bits/pixel
Mode 5a : 1600x1200, 32 bits/pixel
Mode 5c : 1920x1440, 32 bits/pixel

この中から使わない解像度を「1680x1050」に置き換える。
このとき、使わない解像度をモード番号(左端の'Mode ??'の??)で指定する。
たとえば、「1920x1440」は使わないので「Mode 5c」の「5c」を指定して、以下のように実行。

# 915resolution 5c 1680 1050

Intel 800/900 Series VBIOS Hack : version 0.5.2

Chipset: 865G
BIOS: TYPE 2
Mode Table Offset: $C0000 + $3a7
Mode Table Entries: 18

Patch mode 5c to resolution 1680x1050 complete

そして、もう一度、一覧を表示し、変更されていることを確認。

# 915resolution -l

Intel 800/900 Series VBIOS Hack : version 0.5.2

Chipset: 865G
BIOS: TYPE 2
Mode Table Offset: $C0000 + $3a7
Mode Table Entries: 18

Mode 30 : 640x480, 8 bits/pixel
Mode 32 : 800x600, 8 bits/pixel
Mode 34 : 1024x768, 8 bits/pixel
Mode 38 : 1280x1024, 8 bits/pixel
Mode 3a : 1600x1200, 8 bits/pixel
Mode 3c : 1680x1050, 8 bits/pixel
Mode 41 : 640x480, 16 bits/pixel
Mode 43 : 800x600, 16 bits/pixel
Mode 45 : 1024x768, 16 bits/pixel
Mode 49 : 1280x1024, 16 bits/pixel
Mode 4b : 1600x1200, 16 bits/pixel
Mode 4d : 1680x1050, 16 bits/pixel
Mode 50 : 640x480, 32 bits/pixel
Mode 52 : 800x600, 32 bits/pixel
Mode 54 : 1024x768, 32 bits/pixel
Mode 58 : 1280x1024, 32 bits/pixel
Mode 5a : 1600x1200, 32 bits/pixel
Mode 5c : 1680x1050, 32 bits/pixel

以上で解像度をだませるはずなので、「1680x1050」の設定をxorg.confに追加し、Xを起動して確認。

# vi /etc/X11/xorg.conf
...
Section "Screen"
        ...
        SubSection "Display"
                ...
                Modes "1680x1050"
        EndSubSection
EndSection

# startx

たいていこれでうまくいくはず。ただ、自分はだめだった。
Xのログ「/var/log/Xorg.0.log」を確認し、/etc/X11/xorg.confMonitorセクションに
Modeline "1680x1050"  146.25  1680 1784 1960 2240  1050 1053 1059 1089 +hsync -vsync
などを追加してみたがダメだった。

とほほ。

ちなみに、もし成功した場合は、「/etc/rc.d/rc.local」などに
起動時に毎回実行するように上で成功した「915resolution 番号 横幅 高さ」を記述しておけばよい。

外部リンク:
915resolutionを利用したワイドスクリーン出力の方法 - MIRACLE Linux内

« セカイカメラはiPhone OS 3.1以上 | トップページ | iTunesStoreやAppStoreで購入した曲やアプリのバックアップ »

Linux」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ