« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

気になる商品 - サンヨー「ラジオ付きICレコーダー ICR-RS110MF」

以前から、ラジオをMP3録音してiPodで聞いていた。
機器構成は、普通のラジオとパソコン。

しかし、これが近頃非常にノイジーだ。
周期的なノイズが入る。

いろいろ確認してみたら、
どうやらPCのノイズが、
マイク入力後に混入しているようだ。

ということは、PCで録音している限り、
アンテナを調整しても、ラジオを替えても無駄ってこと。

それじゃあってことで、
パソコンを使わない録音装置を探してみた。
で、ICレコーダかなぁということに。

どうやらラジオ録音用のICレコーダがあるらしい。
主な用途は、英会話講座の録音だとか。

まぁ用途はどうでもよいが、
このようなジャンルのラジオがあるのは喜ばしい。

で、有名どころがサンヨーの「ICR-RS110M」とサン電子の「トークマスタースリム」。

特に、サンヨーには、クレードル付属の「ICR-RS110MF」というモデルもある。

どれも、かなり高額だけど、とっても気になる。

2009年4月27日 (月)

Googleロゴ - サミュエル・モールスの誕生日

今日のGoogleロゴは「サミュエル・モールスの誕生日」。

Samuelmorse09_ie7s

サミュエル・モールスは、モールス信号の人。

参考:
サミュエル・モールス - ウィキペディア内
モールス符号 - ウィキペディア内

関連ページ:
Googleロゴ - 植物学の日 牧野富太郎の誕生日 (2009-04-24)

2009年4月26日 (日)

気になる商品 - サンヨーの「Wiiリモコン専用 無接点充電セット」

Wiiのリモコンの電池の交換が面倒。
なので、リモコンをスタンドにセットすれば充電できるタイプの電池を探してみた。
任天堂のライセンス商品があった。

サンヨーの「Wiiリモコン専用 無接点充電セット」。

値段は、かなり高いが、任天堂公認だし、
なにより、端子が接触していなくても充電できる「無接点充電」なので、
ジャケットを付けたままで充電できるのがよい。

リモコンが2個あるので、
上のセットと、もう1つ「Wiiリモコン専用 無接点充電用 充電式電池パック」を買えばよいってことか?

2009年4月25日 (土)

気になる商品 - Wiiのソフト「フォーエバーブルー」

随分前に気になっていたWiiのソフト「フォーエバーブルー」。
海中散歩ソフト。

かなり値下げされている。
レビューもそこそこだし、買ってみようかなぁ。

Fedora 10でSELinuxを無効化

試しにFedora 10を使ってみたが、
SELinuxが邪魔。

以前のFedoraは、
インストール後の初期設定時にSELinuxを無効に設定できたり、
GUIのツールから無効に設定できたのだが、
Fedora 10では、これがない。

で、無効化する方法を調べてみた。

まず、現在の状態を変更する方法。

# getenforce
Enforcing

# setenforce 0

# getenforce
Permissive

getenforceコマンドは、現在の状態を表示する。
Enforcingなら「強制」(=SELinux有効)、
Permissiveなら「許容」(=SELinux有効だが、警告を表示するのみ)。

setenforceコマンドは、現在の状態を切り替える。
引数が0ならPermissiveに変更し、
引数が1ならEnforcingに変更する。
disabledはできないようだ。

続いて、起動時からSELinuxを無効にする方法。

/etc/sysconfig/selinuxファイルに記述する。
(あるいは、/etc/selinux/configファイル。上はシンボリックリンク、こっちが実体。)

# vi /etc/sysconfig/selinux
...
# SELINUX= can take one of these three values:
#       enforcing - SELinux security policy is enforced.
#       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#       disabled - No SELinux policy is loaded.

#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled
...

ファイル内のコメントにもあるとおり、
SELINUX=」に続けて、
enforcing」、「permissive」、「disabled」のどれかを指定する。
disabled」が純粋な、「無効」な状態となる。

2009年4月24日 (金)

Fedora 10のLiveCDをUSBメモリから起動

@ITの「Linux Tips」を眺めていたら、
Fedora 8のLive CDをUSBメモリから起動するには」という記事を見つけた。

Fedora 8でできるなら、Fedora 10でも出来るだろう、と、
早速、Fedora 10でやってみた。

使ったのは、1GBのUSBメモリ。
念のため、PeToUSBでフォーマットしておいた。

まず、ツールのインストール。「livecd-tools」パッケージ。

# yum install livecd-tools
...

USBメモリを挿して、デバイス名を確認。

# dmesg | tail
sd 3:0:0:0: [sdb] Mode Sense: 23 00 00 00
sd 3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sd 3:0:0:0: [sdb] 1952768 512-byte hardware sectors (1000 MB)
sd 3:0:0:0: [sdb] Write Protect is off
sd 3:0:0:0: [sdb] Mode Sense: 23 00 00 00
sd 3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sdb: sdb1
sd 3:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk
sd 3:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
SELinux: initialized (dev sdb1, type vfat), uses genfs_contexts

ISOイメージファイルもlsで確認。

# ls /home/xxxxx
...  F10-i686-Live.iso  ...

書き込み実行。

# livecd-iso-to-disk /home/xxxxx/F10-i686-Live.iso /dev/sdb1
Verifying image...
/home/xxxxx/F10-i686-Live.iso:   f21debace1339dbdefff323064d40164
Fragment sums: c22bcc22b29728f2a7136396121621caf6c18169f3326e5c7e66153cd57e
Fragment count: 20
Checking: 100.0%

The media check is complete, the result is: PASS.

It is OK to use this media.
/dev/sdb1 is mounted, please unmount for safety
Cleaning up to exit...

あっという間に終了。マウントされてるってかいてあるので、
lsで確認してみると。。。

# ls /media/disk
 

何も書き込まれてないじゃん!!
終了が早すぎるとおもったんだぁ。

アンマウントして、もう一度実行。

# umount /dev/sdb1

# livecd-iso-to-disk /home/xxxxx/F10-i686-Live.iso /dev/sdb1
Verifying image...
/home/xxxxx/F10-i686-Live.iso:   f21debace1339dbdefff323064d40164
Fragment sums: c22bcc22b29728f2a7136396121621caf6c18169f3326e5c7e66153cd57e
Fragment count: 20
Checking: 100.0%

The media check is complete, the result is: PASS.

It is OK to use this media.
Copying live image to USB stick
Updating boot config file
Installing boot loader
USB stick set up as live image!

おぉ!今度は、結構な時間がかかって終了した。
しかもメッセージは、「USB stick set up as live image!」。

PCをシャットダウンし、USBメモリから起動してみると、、、
成功です。

参考:
Fedora 8のLive CDをUSBメモリから起動するには - @IT内

関連ページ:
USBメモリのフォーマット (2009-04-02)

Googleロゴ - 植物学の日 牧野富太郎の誕生日

今日のGoogleロゴは、「植物学の日 牧野富太郎の誕生日」。

Tomitaro_ie7s

「牧野富太郎」は、ウィキペディアによると『「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名もおこなった近代植物分類学の権威』だそうだ。

参考ページ:
牧野富太郎 - ウィキペディア内

関連:
Googleロゴ - 春分の日 - Design by エリック カール (2009-03-20)

2009年4月22日 (水)

マイコンピュータの表示がおかしくなった

あるとき、Windows XPのマイコンピュータを開いたら、
懐中電灯がくるくる表示され、アイコンを探している様子。
時間がかかっていたので、「×」ボタンで閉じて、
もう一度マイコンピュータを開いたら、、、
次のように、アイコンが、分類分けされずに、並んで表示されてしまった。

Mycomputer01

調べてみると、Yahoo! 知恵袋に見つかった
記事によると、「アイコンの整列で、種類、グループで表示を選択」でよいらしい。

さっそく、やってみる。

Mycomputer02z Mycomputer04z

戻った。

Mycomputer05

参考:
マイコンピュータの表示がおかしいです。普通のフォルダのように表示してしまいま... - Yahoo! 知恵袋内

2009年4月21日 (火)

気になる商品 - LED目覚まし時計

寝室で、暗くても見やすい目覚まし時計を探していた。
で、液晶じゃなくてLEDだ、と。
そして、電池の心配のないAC電源なら。
ついでに、電波も付いていれば、なおよい。

見つかった。セイコーの製品。
形や表示できる項目によって3つある。

DL202K DL203N DL204N

一番シンプルな「DL202K」がいいかなぁ。

2009年4月11日 (土)

WSH - 外部コマンドの実行

スクリプト内から、新しいシェルでコマンドを実行する。
以下は、ヘルプのまま。

Dim WshShell, oExec
Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")

Set oExec = WshShell.Exec("calc")

Do While oExec.Status = 0
     WScript.Sleep 100
Loop

WScript.Echo oExec.Status

Execメソッドにより、WshScriptExecオブジェクトが返される。
WshScriptExec
オブジェクトのメソッド、プロパティは以下のとおり。

  • メソッド
    Terminate … 実行したプロセスの強制終了。
  • プロパティ
    Status … 実行中(0)か実行が完了した(1)か。
    StdOut … 実行したコマンドの標準出力ストリーム。読み出し専用。ストリームなので、AtEndOfStreamプロパティなども利用可。
    StdIn … 実行したコマンドの標準入力ストリーム。書き込み専用。ストリームなので、Writeメソッドなども利用可。
    StdErr … 実行したコマンドの標準エラー出力ストリーム。StdOutと同様。

2009年4月10日 (金)

WSH - コマンドラインパラメータ

WScript.Argumentsプロパティ。ここからWshArgumentsコレクションにアクセスできる。

WshArgumentsコレクションのメソッド/プロパティは次のとおり(@ITの参考ページそのまま)。

  • メソッド
    CountWshArgumentsコレクション内部に保存されているパラメータの数を返す。
    ShowUsage … XML形式の.wsfファイルでセクションに指定された情報を返す。
  • プロパティ
    NamedWshNamedコレクションへのアクセスを提供する。WshNamedコレクションには、名前付きパラメータ(/Name:Valueの形式)が出現順に格納されている。
    UnnamedWshUnnamedコレクションへのアクセスを提供する。WshUnnamedコレクションには、名前なしパラメータが出現順に格納されている。
    LengthWshArgumentsコレクションに格納されているパラメータの数を保持する。
    Item(n)WshArgumentsコレクションのエレメントとして格納されたパラメータが保持されている。n=0で1番目のパラメータ、n=1で2番目のパラメータ…というふうにアクセスする。

たとえば、必ずコマンドラインパラメータを1個とるスクリプトは、次のとおり。

If WScript.Arguments.Count = 1 Then
  WScript.Echo "arg=[" & WScript.Arguments.Item(0) & "]"
Else
  WScript.Echo "error"
  WScript.Quit
End If

参考:
運用 Windows管理者のためのWindows Script Host入門
第4回 WScriptオブジェクトの詳細(2)
2.起動時パラメータのアクセス方法
- @IT内

2009年4月 9日 (木)

CentOS5で自前yumリポジトリ構築

LAN内のFedoraへ提供するために、CentOSに自前yumリポジトリを構築した。

  • createrepoコマンドのインストール。
    # yum install createrepo
    ...
  •  RPMファイルのコピー
    # mkdir -p /var/www/yum/fedora/updates/10/i386

    # cp *.rpm /var/www/yum/fedora/updates/10/i386/
  • createrepoコマンドで、yumリポジトリを構築。
    # createrepo -v /var/www/yum/fedora/updates/10/i386/
    1/10 - xxxx-xxxx.fc10.i386.rpm
    ...
    10/10 - xxxx-xxxx.fc10.i386.rpm

    Saving Primary metadata
    Saving file lists metadata
    Saving other metadata

    # ls /var/www/yum/fedora/updates/10/i386/repodata/
    filelists.xml.gz  other.xml.gz  primary.xml.gz  repomd.xml
  • Apacheでサイトを公開。
    # vi /etc/httpd/conf.d/yumrepos.conf
    Alias "/yum" "/var/www/yum"
    <Directory "/var/www/yum">
        Options Indexes
        AllowOverride None
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>

    # /etc/init.d/httpd restart
    httpd を停止中:                                            [  OK  ]
    httpd を起動中:                                            [  OK  ]

参考:
yumリポジトリの構築 - アシアルブログ内

2009年4月 2日 (木)

USBメモリのフォーマット

以前、USBメモリからのシステム起動を試したとき、
起動できなかった。

これは、USBメモリがシステム起動に対応していないからだと
思い込んでいたが、実は違った。

Windowsによるフォーマットではなく、
専用のUSBメモリフォーマットツールを利用したところ、
システム起動できなかったUSBメモリから
起動できるようになった。

利用したフォーマットツールは2つ。

多くの場合、前者で充分なのだと思うが、
今回利用した1GB USBメモリでは、
うまくシステム起動できず、後者でフォーマットしたところ
システム起動に成功した。

また、古い128MBのUSBメモリでも試したのだが、
このUSBメモリをWindowsに挿すと、
ハードディスクと同じ「ローカルディスク」として認識されてしまうため、
前者のフォーマットツールでは、フォーマットできない。
(リムーバブルメディアしか、フォーマット対象として選択できない。)

この場合も、後者のツールを利用することで、
めでたくシステム起動に対応するフォーマットが行えた。

参考:

関連ページ:

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ