« 日本語ファイル名のエンコードを変換するconvmv | トップページ | 動画から音声を抜き出すツール - えこでこツール »

2009年1月24日 (土)

あるユーザの権限でFirefoxを起動するスクリプト

rootユーザから、あるユーザの権限でFirefoxを起動するには、
sudoコマンドでユーザ名を指定して、firefoxコマンドを実行すればよい、
と思ったら、少し工夫が必要だった。

そもそも、なぜこんなことをする必要があるかというと、
何人かのユーザのFirefoxの初期設定を行いたいから。

初期設定を行うには、ユーザのホームディレクトリ内にあるFirefoxの
個人設定ファイルを利用すればよいが、
作成したばかりのユーザでは、この個人設定ファイルが存在しない。

Firefoxの個人設定を作成するには、
そのユーザで一度でもFirefoxを起動すればよい。

これをスクリプトで処理するために、rootユーザにて、
あるユーザの権限でFirefoxを起動したい、ということ。

で、sudoの「-u」オプションで、ユーザ指定して、firefoxコマンドを実行したが、
問題点が2つでた。

まず、ユーザにディスプレイの利用が許可されていないこと、
そして、ユーザのホームディレクトリが特定できないこと、だ。

ディスプレイ利用の許可は、以前調べたxhostで解決できる。
問題は、ホームディレクトリ。調べてみると、簡単であった。

sudoコマンドには「-H」オプションというのがあり、
これが正に、ユーザのホームディレクトリを/etc/passwdから
読み込んでくれるというオプション。

したがって、スクリプトは、次のようになる。

#!/bin/sh
FF_USER=xxxx
xhost +local:user >/dev/null
sudo -H -u $FF_USER /usr/bin/firefox

参考:
Manpage of sudo - JM Project内

関連ページ:
xhostでローカルユーザにディスプレイ使用を許可 (2009-01-14)

« 日本語ファイル名のエンコードを変換するconvmv | トップページ | 動画から音声を抜き出すツール - えこでこツール »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるユーザの権限でFirefoxを起動するスクリプト:

« 日本語ファイル名のエンコードを変換するconvmv | トップページ | 動画から音声を抜き出すツール - えこでこツール »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ