« 気になる商品 - F1 GP 2008のDVD | トップページ | ホンダがF1から撤退!! »

2008年12月 5日 (金)

日本史の本 - 齋藤孝のざっくり日本史

内田康夫の「日蓮伝説殺人事件」を読んでいて、
ふと思った。

「そうだ、日本史を勉強しよう!」

内田康夫のミステリーは、歴史に関連したものが多い。
しかも、歴史の面白そうな部分が書かれている。

たとえば、上の「日蓮伝説殺人事件」では、
日蓮さんは、こんなことをしたとか、
こんな主張だったとか、
あるいは、ゆかりの場所やお寺などが紹介されている。

さらに、「立正安国論」なる言葉が登場すると、
「おぉ、確かに、どこかで勉強したぞ」なんてことになる。

でも、その程度の知識しかないことに、
自分のことながら、がっかりする。

で、こんなとき、「学生時代に、ちゃんと勉強しておけばなぁ」
なんて感じてしまう。

そこで思い立った。
とりあえず、日本史の入門書でも読んでみよう、と。

で、齋藤孝の「齋藤孝のざっくり日本史」を注文してみた。
少しは、役に立つかなぁ。

ちなみに「日蓮伝説殺人事件」は以下。文庫版は上下巻構成。

« 気になる商品 - F1 GP 2008のDVD | トップページ | ホンダがF1から撤退!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本史の本 - 齋藤孝のざっくり日本史:

« 気になる商品 - F1 GP 2008のDVD | トップページ | ホンダがF1から撤退!! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ