« 901Xより薄い「Eee PC S101」 | トップページ | Visual C++ 2008の本 »

2008年11月13日 (木)

USBメモリからLinux起動

先日16GBのUSBメモリを購入したので、
今まで使っていた1GBのUSBメモリが余った。

そこで、ためしに1GBのUSBメモリからLinuxを起動させてみた。

試したのは、1CD Linuxで有名なKnoppix(http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/)
手元にあったv.5.0.1のCDをインストールしてみた。

手順は、ほとんど@ITの「1CD LinuxをUSBメモリから起動するには」のとおり。

  1. フロッピーやUSBメモリ用のブートローダ「syslinux」をダウンロード
    (「The Syslinux Project」(http://syslinux.zytor.com/wiki/index.php/The_Syslinux_Project)から)
  2. USBメモリをFAT32でフォーマット
  3. Knoppix CDの「\boot\isolinuxフォルダ内の全ファイル&フォルダ」と「\KNOPPIXフォルダ」をUSBメモリのルートフォルダへコピー
  4. USBメモリのルートの「isolinux.cfg」を「syslinux.cfg」へ名前変更
  5. 名前変更した「syslinux.cfg」をテキストエディタで開き、「F4 isolinux.cfg」という行を「F4 syslinux.cfg」に変更。
  6. コマンドプロンプトにて「syslinux -ma E:」を実行(E:ドライブがUSBメモリの場合)。これにより、ブートローダがUSBメモリにインストールされる。
    (-m ... MBRへインストールする。-a ... Active(ブート可能)にする。)

関連ページ:

参考ページ:

« 901Xより薄い「Eee PC S101」 | トップページ | Visual C++ 2008の本 »

Eee PC」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526679/43058200

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリからLinux起動:

« 901Xより薄い「Eee PC S101」 | トップページ | Visual C++ 2008の本 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ