« リンケージ iPod マルチDocスタンド購入 | トップページ | phpPgAdminのインストール »

2008年8月24日 (日)

PostgreSQLのインストールとデータの復元

PostgreSQLをインストールし、バックアップからデータを復元した。

インストールはyumコマンドから。

# yum install postgresql-server
...

そして、データベースの初期化。postgresユーザに変更してから、initdbコマンドを実行。以前のデータがEUC-JPだったので、デフォルト値をEUC-JPとして初期化した。

# su - postgres
$ echo $PGDATA
/var/lib/pgsql/data
$ initdb --no-locale --encoding=EUC_JP
...

とりあえず、サービス起動。

# /etc/init.d/postgresql start
...

そして、バックアップのデータを復元するのだが、pg_dumpコマンドによるバックアップのため、データベース作成やユーザ作成が必要。

# psql -U postgres template1
...
template1=# alter user postgres with password '****';
ALTER ROLE
template1=# create user db_user with password '****';
CREATE ROLE
template1=# alter user db_user with createdb;
ALTER ROLE
template1=# q

# createdb -U db_user mydb
...

# psql -U postgres -f backufile.sql mydb
...

そして、設定。クライアントのデフォルト文字コードをEUC-JPに。アクセスはローカルホストからのみ許可で、ユーザ認証にMD5パスワードを利用。

# vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
...
client_encoding = EUC_JP
...

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
...
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               md5
# IPv4 local connections:
host    all         all         127.0.0.1/32          md5
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               md5

サービスの再起動で、とりあえずの完了。

# /etc/init.d/postgresql restart
...

« リンケージ iPod マルチDocスタンド購入 | トップページ | phpPgAdminのインストール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PostgreSQLのインストールとデータの復元:

« リンケージ iPod マルチDocスタンド購入 | トップページ | phpPgAdminのインストール »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ