« Sambaの構築 | トップページ | POP3サーバの構築(Dovecot) »

2008年8月19日 (火)

メールサーバの構築(Postfix)

Postfixをインストールし、sendmailと切り替えて、正規のメールサーバとして構築した。

無料のDDNSサービスで自宅メールサーバを運用している。
sendmailはデフォルトでインストールされ、動作しているが、設定などがよく分からないので、以前よりPostfixを利用している。

インストールは、yumコマンドから。

# yum install postfix
...

初期状態の設定でlocalhost内でのみ利用できる設定となっているので、このままsendmailから切り替え。

# /etc/init.d/sendmail stop
...
# chkconfig sendmail off

# alternatives --config mta
...

# /etc/init.d/postfix start
...
# chkconfig postfix on

設定は、以前バックアップしてあったものを利用。
当方ぷららを利用しているので、リレーホストの設定を行ってOP25B対策。(relayhost = mmr.plala.or.jp)
その他、細かいセキュリティ設定がされている。おそらく、当時、Webページ調べて記述したのだろう。

続いて、ユーザ作成とメールエイリアスの設定。

# useradd -s /sbin/nologin xxxx
# passwd xxxx
...

# vi /etc/aliases
...

文法チェックとサービス再起動。

# /etc/init.d/postfix check
                                                           [ OK ]
# /etc/init.d/postfix restart
...

« Sambaの構築 | トップページ | POP3サーバの構築(Dovecot) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールサーバの構築(Postfix):

« Sambaの構築 | トップページ | POP3サーバの構築(Dovecot) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ