« CentOS 最初の設定 | トップページ | デジカメ用防水プロテクタ(富士フイルムWP-FXF100) »

2008年8月 6日 (水)

壊れたハードディスクのデータ

壊れたハードディスクから、どうにかデータを救出できないかと色々試したが、、、ダメだった。とほほ。

バックアップを探してみると、2月時点のものがあった。設定ファイルやWebアプリはほとんど変更がないため、2月時点のものでも十分利用できるが、日々更新されるPostgreSQLのデータは、2月時点では完全に消滅したのと同じである。

バックアップの重要性を再認識した。
ちなみに、PostgreSQLのデータは、シェルスクリプトとcrondで毎日バックアップを行っていたのだが、バックアップ元と同じパーティションにバックアップファイルを作成していた。これではバックアップの意味がないよなぁ。。。

« CentOS 最初の設定 | トップページ | デジカメ用防水プロテクタ(富士フイルムWP-FXF100) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壊れたハードディスクのデータ:

« CentOS 最初の設定 | トップページ | デジカメ用防水プロテクタ(富士フイルムWP-FXF100) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ