« 不要サービスの停止 | トップページ | Sambaの構築 »

2008年8月18日 (月)

DNSサーバの構築

名前解決ができないのは非常に不便なので、まずDNSサーバを構築した。

インストールはyumコマンドから。

# yum install bind bind-chroot caching-nameserver
...

設定ファイルは、
/usr/share/doc/bind-x.x.x/sample/etc/named.conf
にサンプルがインストールされるので、これをコピーして利用した。

# cp /usr/share/doc/bind-x.x.x/sample/etc/named.conf /etc/named.conf
# vi /etc/named.conf
...

また、ゾーンファイルは、以前バックアップしてあったものがあったので、それを利用した。

あとは、文法チェックとサービスの起動、動作確認など。

# named-checkconf
# named-checkzone xxxx.xxx.xx /var/named/xxxx
OK

# /etc/init.d/named start
named を起動中:                                             [ OK ]
# less /var/log/messages
...

# host xxxx.xxx.xx localhost
...

« 不要サービスの停止 | トップページ | Sambaの構築 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DNSサーバの構築:

« 不要サービスの停止 | トップページ | Sambaの構築 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonリンク

ダイビング写真(swf)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    ブログ内を検索

リンク(いつもお世話さま)

  • ソニーストア
     iTunes Store(Japan)
    Just MyShop(ジャストシステム)
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ